【お知らせ】 HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)は令和4年4月より積極的勧奨が再開しています

HPVワクチンは、接種後にワクチンとの因果関係が不明な疼痛などの多様な症状の報告があったことから、平成25年6月より積極的な接種勧奨を見合わせていました。
しかし、HPVワクチンの有効性及び安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、積極的な勧奨を行うことが国により示されました。

【対象者】小学校6年生(標準的には中学校1年生)から高校1年生相当の年齢の女子

【接種回数】3回

【接種間隔】ワクチンにより間隔が異なります。

●サーバリックス
初回接種から1か月後に2回目、初回接種から6か月後に3回目を接種

●ガーダシル
初回接種から2か月後に2回目、初回接種から6か月後に3回目を接種


☆キャッチアップ接種(積極的な接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方)

【対象者】平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女子

【接種期間】令和7年3月31日まで

くわしくはこちら(>>詳細はこちら)をご覧ください。

さらに、積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した方が、定期接種の年齢を過ぎて、任意接種として自費で接種した方は、接種費用を払い戻しできます。対応が決定次第、ホームページ等でお知らせいたします。