市民健(検)診は、がんなどの異常を早期発見・治療につなげるために、毎年(乳・子宮は2年に1回)受けるようにしましょう。

○センター健(検)診

 日程が決まりましたら、広報・ホームページでお知らせいたします。

 医療機関でも、がん検診は受診可能です。早期受診をご希望の場合は、医療機関での受診をおすすめします。

 ※ぴちぴち健診、結核検診は、センター健(検)診のみの項目のため、当面の間休止します。


○医療機関健(検)診○
 令和3年4月~令和1月末(期間内1回受診)の期間、実施医療機関で受診可能です。



≪医療機関健(検)診≫
受診項目により、複数の医療機関での受診が必要な場合もありますが、各病院に直接予約するため、ご自身の予定に合わせ、受診日を決めやすいです。

【受診場所】交野市内の実施医療機関

【受診期間】2021年4月~2022年1月末まで

【予約方法】各医療機関へ直接申込み
※健(検)診実施医療機関一覧参照




≪受診項目・対象・費用≫


【乳がん】
 ○乳がん検診について○
  令和3年度より乳がん検診において視触診を行いません。

  平成28年2月に厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」が改正され、乳がん検 診の検査方法として視触診が推奨しないとされました。

 対  象:40歳以上の和暦で奇数年生まれの女性
 自己負担:医療機関 2,000円 ※費用の変更はありません。

【子宮がん】
 和暦で奇数年生まれの20歳以上の女性
 医療機関 600円

【胃がん】
 40歳以上の男女
 医療機関 1,500円

【肺がん】
 40歳以上の男女
 医療機関 600円

【大腸がん】
 40歳以上の男女
 医療機関 600円

【前立腺がん】
 50歳以上の男性
 医療機関 1,000円

【胃リスク検診】
 胃がん検診受診者のうち、過去に一度も受けたことのない人
 医療機関 400円

【肝炎ウイルス検診】
 40歳以上で過去に一度も受けたことのない人
 医療機関 1,000円



※生活保護世帯、市・府民税非課税世帯の方は費用免除があります。ただし、医療機関で受診する場合は、事前に健康増進課で無料券の発行が必要です。
※乳がん・子宮頸がんは和暦で奇数年生まれで、前年度未受診者も対象となります。ただし、医療機関で受診する場合は事前に健康増進課で特例受診券の発行が必要です。