たばこには喫煙者が吸っている煙だけではなく、たばこから立ち昇る煙や喫煙者が吐き出す煙にもニコチンやタールなどの有害物質が含まれています。本人は喫煙していなくても、身の周りのたばこの煙を吸わされてしまうことを「受動喫煙」と言います。受動喫煙が健康に悪影響を及ぼすことは科学的に明らかになっています。
 望まない受動喫煙を防止できるよう、健康増進法の一部が改正され大阪府では「大阪府受動喫煙防止条例」が制定されました。これらのことで、望まない受動喫煙を防止するための取り組みはマナーからルールへ変わります。

・敷地内禁煙
 受動喫煙により健康を損なうおそれが高い子ども、患者、妊婦が主に利用する施設は令和元年7月より敷地内禁煙、令和2年4月からは敷地内全面禁煙となります。
(対象となる施設の例)学校・幼稚園・保育所・病院・薬局・介護老人施設・国及び地方公共団体の行政機関の庁舎など

・原則屋内禁煙
 令和2年4月からは多くの人が利用するすべての施設も原則屋内禁煙となり、専用の喫煙室内のみ喫煙が可能となります。
(対象となる施設の例)オフィス・事業所・飲食店・ホテル・鉄道など

詳しくは、市のホームページをご覧ください
受動喫煙防止対策について